ENEOSドライアイスジャケット

ENEOSドライアイスジャケット
ご利用時の注意事項

警告

酸欠の危険があります。必ず付属の酸素濃度計をジャケット左肩部分に装着し使用してください。

  • 警報が作動した際は、直ちにその場を離れ換気の良い場所に移動してください。
  • 狭い密閉居場所や作業現場以外(事務所、休憩所等)で着用しないでください。
  • ドライアイスの冷気を直接口に吸い込まないでください。

屋内で利用する際は換気を十分に行ってください!

  • 二酸化炭素は空気よりも重いため、下に滞留していきます。特に床面付近の換気を行うようにしてください。

凍傷や身体の冷え過ぎにご注意ください!

  • 冷却体感には個人差があります。着用中、身体が冷え過ぎて具合が悪くなった場合は直ちに使用を中止してください。
  • ジャケット着用の際、下に着る衣類は原則、【肌着1枚】+【作業服】です。
    Tシャツなど薄手の衣類の上または素肌の上から直接着用しないでください。
  • 肌に痛みや赤みが出た場合など、少しでも異変を感じた場合は直ちに使用を中止してください。
上記項目を尊守しない使用での凍傷・酸欠事故等については一切の責任をもちません。

ドライアイス取り扱いに際しての
安全上の注意

警告

ペットボトルやビンなどの密閉容器に入れないでください。

密閉するとすぐに破裂し危険です。
➡ ドライアイスは昇華(ガス化)して気体になると750倍に膨らみます。

自動車内には大量のドライアイスを持ち込まないでください。

酸欠になり危険です。
➡ 自動車内に持ち込む場合は、窓を開けるなど換気を十分に行ってください。

ドライアイスは地下室や換気のない場所で貯蔵・取り扱いをしないでください。

➡ ドライアイスが昇華(ガス化)した後に発生する炭酸ガスは、重いので床に溜まります。充分な換気のできる場所で使用してください。

注意

ドライアイスには直接手で触れないでください。凍傷になります。

➡ 厚手の保護手袋を使用してください。

ドライアイスで遊んだり、口に入れないでください。

➡ 子供の手の届かない所に置いてください。

ドライアイスは食品添加物ではありません。

➡ ソーダ水等の炭酸飲料は作れません。

ドライアイス廃棄方法

ドライアイスはマイナス78℃の極低温の物質です。 廃棄は風通しの良い場所で自然に消滅させてください。

資料:ドライアイスメーカー会
全日本ドライアイスディーラー会 資料参照

TOPへ戻る